日本の携帯電話販売方式にメスが入る?

アクティベート用SIM

公正取引委員会は2日、長期契約を条件にスマートフォン(スマホ)の端末代金に相当する金額を毎月の通信料から割り引く「実質ゼロ円」などの販売手法について、競争政策上望ましくなく、見直すべきだとの見解を公表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00000119-jij-pol

もうずっといってますけど、まったく是正されないのが携帯電話の販売方法。
最近でこそ少しマシになってきてますけど、大手3キャリアはやりたくないのがミエミエの時間稼ぎしてますからね。
ただ、今回は総務省ではなく、公正取引委員会が見解を出したので少し期待できるかもですね。
早速KDDIの田中社長がブチ切れしているようですが、心当たりがないとキレる必要もないですわね。
端末とSIM契約の完全分離を望みます。
そうなると国内のスマホメーカーは死んじゃうのかもしれませんがね、仕方ないかな・・・。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。